クレジットカードの手間賃は、平たく言ってしまえばカードショップの稼ぎだ。カードショップからすれば、たくさんのカードお客様と仲間入り業者があればサラリーがアップします。クレジットカードを通じて行われた支払い価格の3%~7%が、手間賃としてクレジットカードショップに仲間入り業者からもらえる金額になります。とある仲間入り業者でクレジットカードによる10万円の支払いが発生した形態、10万円の決断給与のうち3万円~7千円がカードショップに払われる手間賃ということになります。入庫費のかからないクレジットカードや、利点原理、優待キャンペーンなどは、クレジットカードを知らせるためのカードショップの売り買い追及であるともいえるでしょう。クレジットカードは、多くの人が持っています。日本のクレジットカードは、遡れば明治28歳(1895歳)、田坂善四郎という愛媛の呉服屋が始めた取り引き手法だと言われています。クレジットカードを発行するというショップができていないうちの話です。手間賃の感性もなく、江戸時代の掛け売り編制という物体だったといいます。切符というバウチャーによる取り引きシステムができて、クレジット取り引きというモデルができました。物の支払い給与を一時的に立て替え、その代わりに手間賃を受け取れる専門店を地域の業者で集まって作ったのです。1949(昭和24)歳に始まったものですので、クレジット取り引きの手間賃の年数は60歳以上ということになります。http://www.ibarakireien.net